アクテージSN錠は、
神経や筋肉にはたらき、肩・首すじのこりを緩和します。

アクテージAN錠とは違い末梢神経の傷を修復したり
血流の改善を促す成分を投入することにより、
特に冷えから来る具体的症状の緩和に貢献できる製剤です

・タケダが開発した塩酸フルスルチアミンとメコバラミン、
リン酸ピリドキサールが、「肩・首すじのこり」「手足のしびれ」
などのツライ症状にすぐれた効果をあらわします。

・末梢神経修復に関与するメコバラミンのはたらきを助ける葉酸、
体のすみずみの血液循環を改善するコハク酸d-α-トコフェロールを
配合しております。

・黄色の糖衣錠でのみやすく、1回1錠、1日3回で効果があります。

・末梢神経障害モデル動物(糖尿病ラット)を用いた試験において、
フルスルチアミンとメコバラミンと葉酸を併用投与した群が神経機能
を最も改善しました。

塩酸フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)とメコバラミン(活性型ビタミンB12)、
リン酸ピリドキサール(活性型ビタミンB6)が、
肩、くびすじのこり・手足のしびれなどのつらい症状にすぐれた効果をあらわします。

末梢神経修復に関与するメコバラミンのはたらきを助ける葉酸、
体のすみずみの血液循環を改善するコハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)
を配合しています。
黄色の糖衣錠で飲みやすく、1回1錠、1日3回で効果があります。

■使用上の注意
▲相談すること ▲
1. 次の人は服用前に医師または薬剤師に相談すること
医師の治療を受けている人。
2. 次の場合は直ちに服用を中止し、商品説明文書を持って医師または薬剤師に相談すること
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
関係部位 :症状
皮 ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:悪心・嘔吐、口内炎、食欲不振、腹部膨満感、異部不快感、腹痛
(2)1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合
3. 生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがある。
出血が長く続く場合は、医師または薬剤師に相談すること
4. 次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続または増強が見られた場合には、
服用を中止し、医師または薬剤師に相談すること
軟便、下痢、便秘

■効能
・次の諸症状の緩和:
筋肉痛・関節痛(肩・首すじのこり、腰痛、五十肩など)、手足のしびれ、神経痛、眼精疲労

「ただし、これらの症状について、1ヶ月ほど使用しても改善がみられない場合は、
医師または薬剤師に相談すること。」

■用法・用量
次の量を、食後すぐに水またはお湯で、かまずに服用すること。
年      齢:1回量 :1日服用回数
成人(15歳以上) :1錠  :3回
15歳未満は服用しないこと

■用法・用量に関連する注意
用法・用量を厳守すること。

■成分・含量
3錠(成人の1日服用量)中成分・・・含量
フルスルチアミンとして(塩酸フルスルチアミン)・・・100mg(109.16mg)
リン酸ピリドキサール・・・60mg
メコバラミン・・・1500μg
コハク酸d-α-トコフェロール・・・100mg
ガンマーオリザノール・・・10mg
葉酸・・・1mg
添加物として
ケイ酸Ca、トウモロコシデンプン、無水ケイ酸、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、
セルロース、アラビアゴム、酸化チタン、白糖、炭酸Ca、ビタミンB2、タルク
を含有します。

■剤形:錠剤(黄色糖衣錠)

■成分に関連する注意
本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが、葉酸によるものなので心配ありません。

■保管・及び取り扱い上の注意
・直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓し、箱に入れて保管すること。
・小児の手の届かない所に保管すること。
・他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
・ビンの中の詰め物は、フタをあけた後はすてること
(詰め物は、錠剤が輸送中に破損するのを防止するためのものであるが、
湿気を含み品質が変わるもとになる)。
・服用のつどビンのふたをしっかりしめること(吸収し品質が変わる)。
・使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
・箱とビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入すること。
・一度開封した後は、品質保持の点から、開封日より6ヵ月以内を目安に
なるべくすみやかに服用すること。

■お問い合わせ先本製品内容についてのお問い合わせは、株式会社ドラッグピュア(弊店)または下記にお願い申しあげます。

武田薬品工業株式会社 ヘルスケアカンパニー「お客様相談室」
103-8668 東京都中央区日本橋二丁目12番10号
電話:03-3278-2430 
受付時間:9:00-17:00(土、日、祝日を除く)

広告文責:株式会社ドラッグピュアSM・SN
神戸市北区鈴蘭台北町1丁目1-11-103
TEL:0120-093-849
製造販売元 武田薬品工業株式会社
540 - 8645 大阪市中央区道修町四丁目1番1号
製造元 武田ヘルスケア株式会社
620- 0853 京都府福知山市長田野町二丁目21番地
区分:第3類医薬品・日本製
文責:登録販売者 松田誠司